心斎橋人気ハイフエステサロンれんげ屋   たるみ・ふくらはぎのむくみ改善

Facebook Line お電話でもお問い合わせできます。06-6226-7571

レンゲエナジー

チャージメソッド

この秋、太って顔をたるませない食事の仕方。

こんにちは、【フェイスラインのたるみをスッキリさせる】心斎橋エステ、れんげ屋です。

9月に入り涼しいと感じる日が増えてきました。少しずつ過ごしやすいなあと感じ始めたら、注意したいのは食べ過ぎによる体重増加です!

体重増加、減少の変化は顔のたるみ、ゆるみ、を招きかねません。

そこで、太らず無理なくスリムを維持する食事の仕方を紹介したいと思います。

時間で考える食事の取り方

[夜に食事を食べると太る]と言われていますよね。夜は脂肪の合成を促すタンパク質が体に脂肪をため込むよう働くためとされています。22時~2時の間の食事は避けたいところです。

同じものを食べていても、食べる時間帯によって体に与える影響は随分違ってきます。

太りにくい朝の過ごしかた

 朝は、起床してまずは朝日を浴びましょう。なるべく早く朝食をとり、体を活動モードに切り替えます。炭水化物はエネルギー源となり、たんぱく質は代謝アップをサポートしてくれます。

ベターな昼の過ごし方

 昼食は朝食から5〜6時間開けた頃にするのが目安です。12時から14時ごろは消化器官の働きが最も活発になり、1日の中でも一番エネルギーが消費される時間帯です。

肉や脂っこいものなどはぜひこの時間にとってみてください。

 

夜ごはん

夕食はなるべく21時までに済ませたいですね。例えば仕事が忙しくて21時に間に合わない、という方は、17時ごろに軽くおにぎりなどの炭水化物を食べてください。そして帰宅時間におかずだけを食べるなど、夜の遅い時間帯にたくさん食べるのを避けるといいですね。

いかがでしたか?

食べ方や食べる時間帯によって食事による「太り」は避けられます。

体重の増減は体にも肌にも悪影響。顔のたるみ、ゆるみが気になる方はぜひ、食べ方にも注意してみてくださいね。

次回は、顔のたるみを作らない「食べ方」についてご紹介します。

顔のたるみ、まぶたのたるみが気になる方はこちらから→

□□お問い合わせ、ご予約はこちらから□□

http://www.rengeno-rengeya.com/contact.html

LINE@で便利にご予約

http://www.rengeno-rengeya.com/img/access/lineQR.png

最後までお読みいただきありがとうございます。

貴方にとって素晴らしい世界が広がりますように祈っております

心斎橋・本町 徒歩5分

ふくらはぎ、たるみ改善、都度払い脱毛