心斎橋人気ハイフエステサロンれんげ屋   たるみ・ふくらはぎのむくみ改善

Facebook Line お電話でもお問い合わせできます。06-6226-7571

レンゲエナジー

チャージメソッド

正しいスキンケのやり方を知って肌を変える

こんにちは、【フェイスラインのたるみをスッキリさせる】心斎橋エステ、れんげ屋です。

寒さが厳しく、立春を過ぎてもまだ春を感じられない今日この頃。肌にとって冬の乾燥は大敵です。

今回は、たるみを解消、リフトアップに繋がるスキンケアについてご紹介します。

正しい化粧水の塗り方

皆さんは毎回洗顔後に、化粧水、クリームなどを塗っていると思います。

問題はその塗り方やタイミングです。

子どもが小さくて自分に構う時間がなく、最近きちんと化粧水をつけられているか不安…いちいち考えて使ったことがない…そんな方のために、今からできる丁寧な化粧水の付け方、をご紹介します。

これができれば気になるほうれい線、たるみも解消 😛 化粧のノリもグッとあがります!

化粧水いつ塗ってる?

洗顔後、化粧水はいつ、何をどのように使っているでしょうか?

少し思い返してみてください。

化粧水は実は2本使うのがオススメです :-)

1本はミスト状のものを、洗顔後すぐに振りかけてください。洗顔後の乾燥を防ぐだけでなく、肌を柔らかくる役目を果たすため、次につける化粧水のブースターのような役割を担ってくれます。洗面台に置いておくと使いやすくていいですね。

2本目は保湿ができるものを選ぶとよりオススメです 😆 

大切なのは、化粧水の塗り方

2本目の化粧水は塗り方が一番大切です。目を瞑って両手で顔を叩くような塗り方をしていませんか?

目のきわ、鼻の脇、ほうれい線、眉間、あごの下、こめかみまで念入りに、化粧水を塗りこむようにつけていくのがポイントです。シワがあれば、そのシワを伸ばすようにして、とにかく細部まで化粧水を塗りこむことを意識します 😳 

化粧水の後は、美容液、クリーム、乳液も丁寧に細部まで塗り込んでください。

 

 

化粧水はやっぱり高いものがいいの?節約したらいけないの?

ここで注意したいのが、化粧水と乳液の適量です。

たっぷり!塗ってください 😯 化粧水であれば、目安とされている量の1.5~2倍の量は使いたいですね。

高い化粧品を購入してケチって使うくらいなら、無理のない金額の物を購入して、たっぷり使用する方が肌にとって適切ということです。

化粧水の使い方を見直せば肌も変わります。小じわが気になる人は特に気になる部分に多めにつけておけば目立たなくなっていくはずです。基礎をしっかり行えば顔のたるみが改善し、リフトアップに繋がります。

今日からすぐに、化粧水の塗り方を変えてみてはいかがでしょうか?

次回は、夕方の老け顔、たるみを改善したい人のために、化粧水ミストの使い方について、さまざまな使い方をご紹介しますね :-) 

□□お問い合わせ、ご予約はこちらから□□

http://www.rengeno-rengeya.com/contact.html□

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

貴方にとって素晴らしい世界が広がりますように祈っております

心斎橋・本町 徒歩5分

ふくらはぎ、たるみ改善、